家庭菜園と暮らしと わたし

子育てが終わった40代主婦。趣味の家庭菜園と、ごくごく普通の暮らしを綴ったブログ

日照不足に負けず収穫じゃ! と ランナーを切った白イチゴの今

毎日毎日、雨ばっかりですね…



「日照不足で野菜が高い」

と 毎日のようにテレビでやっておりますが、こういう時こそ 家庭菜園をやっていて良かったな〜と思いますね。


まぁ、我が家の家庭菜園も日照不足だからなのか 連作障害なのか 土作りがダメだったのか…は分からないけど、沢山採れるワケではないんだけどさ。



↓今年、キュウリは貴重ですね。

水ナスは好調です!

FullSizeRender



↓ある日の昼ご飯。

揚げた水ナスと鶏肉を入れた熱々つけ汁うどん!

ほうれん草・ネギ・庭で採れたオクラも添えて。

FullSizeRender



フルティカは安定の美味しさ。

イエローアイコは果物みたいに甘い!

IMG_4157



水ナスがツヤツヤで美しい…

白イチゴも小さいけど激甘です。

IMG_4154



そんな白イチゴですが、10月頃まで収穫できる四季なりらしいので、今は苗作りは諦めて伸びてきたランナーは全て切ったんです。





しばらくは ひっそりとしていて観葉植物のような状態だったんですが、モシャモシャの葉を掻き分けると お花が咲いてます!


FullSizeRender


夏の終わり頃まで収穫して、そこからランナーって出てくるのかな?


その時は、ぜひ白イチゴの苗作りしたい。



…いや、その前に収穫だ!

イチゴタルト作りたいな〜




↓イチジクでもタルトを作りたいが、一定の大きさから全然大きくならない…

ブログランキング・にほんブログ村へ   





最近の畑の様子と収穫を一挙公開!

今年のキュウリ、収穫はできてはいるものの 葉は少ない(傷んだ葉は切り落としてます)・小さい・すぐ黄色くなる…


IMG_4145


近所の家庭菜園を覗いてみても、どこも同じような感じ…

と思っていたら、分かりました。


「日照不足で野菜が高い」とテレビでやってたんですが、その時キュウリ農家さんがインタビューで答えてました。


「雨が多過ぎてキュウリが酸欠になって葉が黄色くなる」


だとさ。


私の育て方が悪いんじゃないと分かったのは良かった。


傷んだ葉は切り落とし、子ヅル・孫ヅルの本数を減らして 株の回復を願います。




↓そしてトウモロコシ


左側の雌花は葉が上手く巻かず中身が丸見え状態。ヒゲの色も変だし…

右側は順調そうに見えますが…

IMG_4146


雄花の方が随分と早く咲いて終わってしまったので、花粉が雌花にちゃんと受粉されたのか心配です。


後から知ったのは、雄花が咲いて花粉が飛び始め頃に雄花を切って花粉を保存しておくと良いんだとか。


気が付いた時には もうほぼ花粉が終わっていたので、上手く出来たらラッキーくらいな気持ちでいきましょう。


来年やるとしたら今年の失敗が生きるよね。

経験値アップしたと思おうではないか。




↓そしてもう一つ。トマト(レジナ)

IMG_4147

下の方の葉はウドンコ病みたいで、切り落としました。

なんとか実は付いてきたけど、葉の色も悪いしイマイチ元気がないです。


これも日照不足が原因なのか?



…と、不調なお話はここまで!

収穫といきましょう!!!


IMG_4115



FullSizeRender



大葉が初めて写ってますが、何度か収穫してます。

オクラは初収穫!

IMG_4126



IMG_4124



オクラが大きくなり過ぎた!…と思ったけど、丸オクラは角オクラよりも大きくなってから採るんだって。

大きくなっても筋っぽくならず柔らかいんだってさ。


IMG_4140


白イチゴも たま〜に収穫できてるよ。

朝食のヨーグルトに!


IMG_4152


ああ…良い眺めだ(笑)

あっ、


どれもメチャクチャ美味しいんだよ。



↓もうすぐ梅雨明けかな。ギラギラ太陽で、もう一息 頑張ってくれ、我が家の畑!

ブログランキング・にほんブログ村へ   





気分が落ち込んでいた原因

また、久しぶりの更新になってしまいました。



実はですね、数ヶ月前から膀胱炎になって病院に通ってたんですね。


抗生物質と炎症を抑える薬を処方され飲んでいたのですが、治っては再発し治っては再発し…

抗生物質の種類を変えても治っては再発の繰り返しでした。


酷い時は5〜10分おきにトイレに行く状態。


外出もままならない・夜も眠れない・常にトイレを我慢しているような状態というのは、肉体的は勿論ですが精神的ダメージが本当に大きかった。



検査も色々としました。



最終的に「間質性膀胱炎」と言う難病指定されているものにぶち当たる…。


最後の検査で問題が見つからなかった場合、「間質性膀胱炎の疑いあり」ということで(検査で問題が見つかれば普通の膀胱炎の診断)、大きな病院での検査となるはずでした。


…が、最後の検査で菌が見つかり、抗生物質を変えたことで回復が見られたということで「間質性膀胱炎」の可能は消えて、今の段階では「普通の膀胱炎」という診断となっております。



とりあえずは良かった。



今も完全には治ってはいません。

でも、以前よりは夜も眠れるし 場所は限られますが外出も出来るようになった。



外出がままならなかった時、庭の家庭菜園には精神的に本当に救われましたね。


ちょこちょことお手入れしたり、収穫したり…とても良い気晴らしになってました。



天気が悪い日が多いので 畑の調子はイマイチなんですが、私にとってはオアシスでしたよ。



写真も撮っているので、またブログにアップしようと思いますので、その時はよかったら見てくださいね。



しばらくは旅行や登山も無理そう…だけど、出来ることから出来る範囲で楽しんでいこう!



↓家庭菜園ではないブログを最後まで読んでくださって、ありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ   





スポンサーリンク