家庭菜園と暮らしと わたし

子育てが終わった40代主婦。趣味の家庭菜園と、ごくごく普通の暮らしを綴ったブログ

【 わたしの家には やかん がない 】お値段1/45でも最強アイテムがあるんだもの

朝起きて頭が回らないながらもほぼ無意識に行うルーティンがあります。


鍋に水を入れて火にかける→顔を洗う→洗濯機を回す→ニベアを顔に塗る→お湯が沸く→ポットにお湯を入れる。


真夏の猛暑以外は基本的に温かい飲み物派。

ほうじ茶  緑茶は、すぐ飲めるように粉末を。
コーヒーや紅茶も棚にスタンバイ。


お湯だけ準備して あとはセルフで各自どうぞスタイルです。


ちなみに、お湯を沸かすのは やかん ではない。

鍋です、鍋。

FullSizeRender

24cm の雪平鍋!

スーパーのワゴンセールでゲットした お値段980円のお買い得品!


断捨離をする前…
物欲にまみれていた頃は 英国のシンプレックス社の銅のケトルを使用しておりました。


雑誌の素敵なインテリアの中で 素敵な暮らしをしている方が使っていて…もぅね  とにかく素敵で素敵で…。


「 使えば使うほど味が出ます 」「 銅で熱伝導が良いので早く沸く 」「 耐久性に優れている 」「 注ぎ口が細いのでドリップしやすい 」


これでデザインも最高に素敵なのだから、

「 もう これは一生モン!おばあちゃんになるまで使うんだ! 」

と、だんなさんを説得し ( やかん としてはクソ高い…それだけの価値はあるのだけど…クソ高い ) 買っちゃったよね。

( お値段は驚きの雪平鍋の45倍っス …今 思えば やかんにこの値段 ありえない )


その頃はインテリアにも凝っていて、出しておいても素敵。もちろん やかん ですから、機能的にも問題ない。


お湯は年間を通して沸かすのだから やかん はあるのが当たり前…ずっと そう思っていた。


そして 月日が経ち…わたしの中でシンプルライフが芽生え始めると、ある事に気が付いたのです。


…やかんってさ、お湯しか沸かせないよね?


お湯を沸かすものなのですから 当然と言えば当然なのですが、少しでも物を減らしたい病にかかりつつあった わたし には、1つの用途しかないことが不満でならなかった。


そこで、名乗りを上げたのが雪平鍋ですよ。

24cmなので やかん並みにお湯が沸かせる。野菜も茹でられる。パスタも茹でられる。煮物も作れる。注ぎ口があるのでドリップも出来ちゃう!


素晴らしい 応用性!

シンプレックスのケトルの1/45 のお値段にもかかわらず ケトルよりも数倍 良き働きをする!


もう そう思ったら止められなかった。
それ相応なお値段のケトル。
「 燃えないゴミの日に出してしまうのは勿体ない 」
と、友人が引き取ってくれました。

わたしの大好物の銘菓「 かもめの玉子 」と引き換えに( 笑 )


きっと これからも やかん を買うことはないだろうな。

 シンプレックス社のケトルは 高いけど本当に素敵なお品です。キッチンに出しっぱでも絵になるくらい素敵です。

引き取ってくれた友人は大事に使ってくれてますよ。


↓ 皆様のポチが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ    


【 断捨離って物が減るだけじゃない 】物欲まみれだった もこぷ の心も進化する

「 何か欲しい物ある? 」


もうすぐ 誕生日を迎える わたしに、だんなさんが聞いてきました。

クリスマスプレゼントと兼用となっているので、ちょっと お値段が張っても…許されるのです。


大抵の物は自分のお小遣いで買いますが、買ってくれるとなるとなると こちらも真剣。

自分で買うには高いとか  自分で出すには勿体ないとか  買ってもらえるなら欲しいとか…( 要するに わたしはケチなのね )


毎年 何かしら欲しい物があって、欲しい物が載っている雑誌なんかを それとなく(?) 置いていたり、欲しい物のプレゼンをしてみたりしていた。


…がっ、今年の わたしは ひと味違うっ!

何が違うかって〜と、


欲しい物が ないっ!な〜っい!


こんなことは初めて。
だんなさんに「 何か欲しい物ある? 」と聞かれて答えに困るなんて。


いや…正確に言えば、欲しい物はある。

「 定番のグレーの靴下、1足 わんこにビリビリにされたから買わなきゃな 」「 水切りカゴの中のお箸立て 古くなったから新しくしたいな 」とか。

けど、これってプレゼントに貰うような物じゃない。買いたきゃ 勝手に自分で買うやいっ。


そういえば、毎年 元旦は初売り目当てで ショッピングモールへ出かけて 何かしら買っていたけど、今年は何も買ってない。

ショッピングモールには行って ( モールのハシゴまでして ) あちこちお店は覗いてきた。

新しいものや 便利そうなもの お買い得なもの…華やかなお正月の雰囲気もあって 見て回るのは とても楽しかった。

楽しかったけど 素敵な物はいっぱいあったけど 欲しい物は何もなかった。

前のわたしなら、せっかく来たし  安くなってるし…と何かしらに手を出してしたのに。


ひと味どころか 二味も ち、違うっっ!


断捨離を始めて3年目突入。今まで 沢山 捨ててきました。

何となくだったり  妥協して買ったものだったりして 使わなくなって 使わないけど汚れたり壊れたりしているわけではないから勿体ないからとっておく…。

捨て続けて 沢山 罪悪感も感じてきた。捨てるには時間も労力、そして精神力も必要。

捨てるばっかりで 何も買わなかったわけではない。
捨てる大変さを知った わたし。
 断捨離の途中、新しく購入する物は  よく考え 「 本当に欲しい物  使う物を買う 」ことをきちんと意識して買うようになった。


だから、今 手元にある物たちは 「 気に入って きちんと使う物 」。
( まだ断捨離の途中だから 不要品はあるけどね )


今、「 欲しい物 」がないのは 「 満足している 」からなのでは!?


夫婦2人の生活に向けて 暮らし方を見直しているので、家具なども色々 だんなさんと見直している最中で これから買い替えようと思う物はあるけど 個人的に「 欲しい物 」は今のところ ない のです。


すごい、すごいです。
断捨離で わたしは成長した!


「 欲しい物 」がない今、お誕生日プレゼントはどうするのか…

…現金…じゃ ちょっと 味気ないよね…


↓ 皆様のポチが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ    


【 心機一転  ブログを一からやり直します 】改めて自己紹介から

1年半ほど ブログを続けてきました。

…が、始めた頃と少しばかし気持ちが変わってモヤモヤとしておりました。

新しい年も始まったことだし、一度 全てをリセット。

今までの記事を全削除してブログ名も変えて 一からやり直す!
( 今まで記事を全削除するのは ちと寂しかったけど… )

でも、モヤモヤしていた気持ちもスッキリ!
気持ち新たに ブログ 始めようと思います。


…と言うことで


自己紹介 


わたしは もこぷ といいます。


だんなさん・長女・長男 の4人+わんこ 2頭。

だんなさんはフツーのサラリーマン。
長女は独立して今は違う県に住んでます。
長男は今年 専門学校卒業ですが 就職はせず 日本一周の旅に出る予定。( フリーランス希望でその為に何だかよく分からないけど色々とやっている )

そして わたしは 扶養範囲内で働くパート40代主婦。


家族が好き  わんこが好き  友達が好き  映画が好き  本が好き  パンが好き  コーヒーが好き  お菓子が好き … 好きなものは沢山の ごくごく普通の主婦です。


シンプルライフを目指して断捨離を始めて3年目に突入しました。

1年目は とにかく すぐに捨てられるもの重視。分かりやすい不要品をひたすら処分。

2年目は、 婚礼たんす  雛人形  五月人形 ( 人形はお寺に供養してもらい 付属品を自分達で処分 ) 大きなクリスマスツリー  小さな棚などの家具  だんなさんとわたしの卒業アルバム… 処分しにくいものを だんなさんと協力して処分。

服や小型家電 ゲームなどの売れそうなものは とりあえず売りました。

今までの売上げは総額20万円ほどになったでしょうか。


そして3年目。

断捨離が進み さらに物か減っていくと、押入れやクローゼットの中で使っていた収納ケースやカゴに入れる物も減り、その収納ケースやカゴすら必要なくなるという事態に。

FullSizeRender

年が明けて ゴミ持ち込みができる初日の朝早くに これらを だんなさんが車に積んで処分に行きました。

新たに不要になった収納ケース( Fitsケースの中にもカゴが入ってる ) 今まですてるか悩んでいたものも合わせて。


3年目にもなるのに まだ こんなに不要品がでるんかいっっ!  (´⊙ω⊙`)


でもね、「 捨て 」は もうそろそろ終わりがきそう。
処分が確定しているものがあって 、それらは上手くいけば1月中に全部 処分できる。


今年は…これからは 暮らし に重きを置いて シンプルだけど心は豊かになるような暮らしを心がけたい。


捨てること・断捨離することばかり考えてた 今までとは違った 新たな 「 暮らし 」そのものを楽しむ わたし でありたいと思います。


新たな ブログ 、暮らしを楽しもう〜っと。


↓ 皆様のポチが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ    


スポンサーリンク