朝起きて頭が回らないながらもほぼ無意識に行うルーティンがあります。


鍋に水を入れて火にかける→顔を洗う→洗濯機を回す→ニベアを顔に塗る→お湯が沸く→ポットにお湯を入れる。


真夏の猛暑以外は基本的に温かい飲み物派。

ほうじ茶  緑茶は、すぐ飲めるように粉末を。
コーヒーや紅茶も棚にスタンバイ。


お湯だけ準備して あとはセルフで各自どうぞスタイルです。


ちなみに、お湯を沸かすのは やかん ではない。

鍋です、鍋。

FullSizeRender

24cm の雪平鍋!

スーパーのワゴンセールでゲットした お値段980円のお買い得品!


断捨離をする前…
物欲にまみれていた頃は 英国のシンプレックス社の銅のケトルを使用しておりました。


雑誌の素敵なインテリアの中で 素敵な暮らしをしている方が使っていて…もぅね  とにかく素敵で素敵で…。


「 使えば使うほど味が出ます 」「 銅で熱伝導が良いので早く沸く 」「 耐久性に優れている 」「 注ぎ口が細いのでドリップしやすい 」


これでデザインも最高に素敵なのだから、

「 もう これは一生モン!おばあちゃんになるまで使うんだ! 」

と、だんなさんを説得し ( やかん としてはクソ高い…それだけの価値はあるのだけど…クソ高い ) 買っちゃったよね。

( お値段は驚きの雪平鍋の45倍っス …今 思えば やかんにこの値段 ありえない )


その頃はインテリアにも凝っていて、出しておいても素敵。もちろん やかん ですから、機能的にも問題ない。


お湯は年間を通して沸かすのだから やかん はあるのが当たり前…ずっと そう思っていた。


そして 月日が経ち…わたしの中でシンプルライフが芽生え始めると、ある事に気が付いたのです。


…やかんってさ、お湯しか沸かせないよね?


お湯を沸かすものなのですから 当然と言えば当然なのですが、少しでも物を減らしたい病にかかりつつあった わたし には、1つの用途しかないことが不満でならなかった。


そこで、名乗りを上げたのが雪平鍋ですよ。

24cmなので やかん並みにお湯が沸かせる。野菜も茹でられる。パスタも茹でられる。煮物も作れる。注ぎ口があるのでドリップも出来ちゃう!


素晴らしい 応用性!

シンプレックスのケトルの1/45 のお値段にもかかわらず ケトルよりも数倍 良き働きをする!


もう そう思ったら止められなかった。
それ相応なお値段のケトル。
「 燃えないゴミの日に出してしまうのは勿体ない 」
と、友人が引き取ってくれました。

わたしの大好物の銘菓「 かもめの玉子 」と引き換えに( 笑 )


きっと これからも やかん を買うことはないだろうな。

 シンプレックス社のケトルは 高いけど本当に素敵なお品です。キッチンに出しっぱでも絵になるくらい素敵です。

引き取ってくれた友人は大事に使ってくれてますよ。


↓ 皆様のポチが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ