家庭菜園と暮らしと わたし

子育てが終わった40代主婦。趣味の家庭菜園と、ごくごく普通の暮らしを綴ったブログ

2019年12月

こぼれ種の発芽 と ミニ白菜の跡地の使い道

カブの種を撒いたときに こぼれちゃったコがいたようです。


畝から外れた場所で頑張って芽を出しました。

FullSizeRender


放っておくことができないので救出しましょう。

エイっ! 根を傷つけないように優しくね。
 
IMG_3046


赤玉ねぎは植えてしばらくは元気がなかったので、やはり日当たりも悪いしダメになっちゃったのかと思いましたが、何とか持ち直したようです。

赤玉ねぎの横に空いた穴がありますね。


FullSizeRender


そこに救出したカブを植えてあげます。


FullSizeRender


赤玉ねぎと仲良くね。
皆んなとは離れてるけど、ここで頑張って大きくなるんだよ。



そして、そのお隣。
ミニ白菜が植っていた場所が空きました。


IMG_3049


マルチを剥がせないので 穴から再生材を一掴み入れて、割り箸で混ぜ混ぜします。


↓ 使ってるのはコレ
IMG_2922


ホームセンターに行ったんですが、この時期だともう選ぶほどないですね。


購入したのは、キャベツ 2苗


FullSizeRender

ミニ白菜同様、葉が巻き巻きタイプのものは 中に虫が入ってしまうと なかなか見つけられない…

私にとっては 少々 手強いタイプのお野菜。


とは言え、上手く育てば 柔らかい春キャベツが堪能できるのです。

美味しいメニューをアレコレ想像しながら、頑張って育てていきましょう!



↓ 2種類のブログランキングに参加しています。応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ      
 



スナックエンドウに支柱&ネット と 充実してきた道具

昨日の作業の続きです。(昨日→ )


こちら、畑①-畝③のスナックエンドウ

IMG_3035


そして こちらがプランターのスナックエンドウ

先日のブログにもアップしましたが (その時の記事→ ) 蔓が伸びてきてネットに絡んできてます。


FullSizeRender


このままだと蔓が伸びてアチコチに絡まってしまうので、支柱を立ててネットを付けます。

前回 買い忘れたネットは無事購入。 

大きいのと小さなのを購入したんですが、小さい方がラスト1個でした。

次の入荷が1週間後だったみたいなので、買えて良かった。

直ぐに欲しくてホームセンターに行っても品切れしていたりするので余裕をもって準備しないといけませんね。



…ハイ、いきなりですが完成(笑)


プランターの方は 夏にきゅうりで使っていた合掌式支柱セットを。
(1.8m支柱。合掌式支柱というもので上は2本が固定されています。)

IMG_3050



畑の方は2.1m支柱を合掌式に組んであります。

こっちは
(横になっている支柱は1.8m)


IMG_3053


高さもあるので、こっちは旦那さんが組立ててくれました。

柵にも固定してあるので安定性はバツグン!


支柱の上部のクロスする部分には こちら支柱組立てクリップを使用。

FullSizeRender

他の部分は麻紐で固定しています。

コレ、すごく便利です!


プランター・畑ともネットは片面しか付いてないんですが、反対面は成長に応じて 麻紐をかけていくつもりです。



…ここで、1つ疑問に思うことはありませんか?


プランターでは簡単な合掌式支柱セットを使い、畑では支柱を自分で組んでいる。


なぜ、同じじゃないの?


合掌式支柱セットを購入した時は 確かに慣れていなかったから簡単に出来るものを選びました。

ちょっと割高だけど、楽チンだし 合掌式にするなら本当に便利なお品です。

1番上に横に渡す支柱もクリップにカチャっとはめるだけなので、麻紐を使う必要はなし。


ただね、このセット。
2本の上部が固定されているんですが、外せないんですよ。

1.8mという使い勝手の良い支柱のくせに2本が固定されているせいで合掌式としか使い道がない。


なので、畑で合掌式支柱を組むとなった時は単品の支柱を使うことにしました。

手間は少々かかりますが、(1部クリップを使用) バラして支柱単独で使えた方が 用途が増えて結果的に便利です。


今まで とりあえず買って使ってみたけど 野菜達が成長して最初に買ったものじゃ足りない とか 使いにくい…などと買い足し 買い直しをしております。


おかげで支柱の種類・本数は かなり充実してます。


今年のGWから始まった 庭での家庭菜園。
1年経てば ひと通り道具も落ち着くのではないかな…。

消耗品以外は 使い回しなので、来年はもう少し効率良くできるはず!



↓ 2種類のブログランキングに参加しています。応援クリックしてもらえると励みになります!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ      




スポンサーリンク