家庭菜園と暮らしと わたし

子育てが終わった40代主婦。趣味の家庭菜園と、ごくごく普通の暮らしを綴ったブログ

2020年10月

久しぶりの収穫 と 発芽したチンゲンサイ

サラダミックスがモサモサと伸びてきたので、少しだけ収穫。


image



↓昨日 こんな記事をアップしたのに、収穫早くね?…とお思いかもしれませんが、実際に植えたのは数日前のことです。





このサラダミックスはポット苗を購入して植え替えたんですが、根がフワフワと浮き上がっているのが結構多くて この浮き上がっているコはあまり大きくならずヒョロヒョロのまま…


image


プランターに植え替えた時に、こんなもんなのか?と そのままにしていたんですが、浮いてるコは貧弱だな。


やはりシッカリと根付いているほうが丈夫なんですかね。


…というか、それぞれが密集し過ぎていて (多分、ポットにパラパラ〜っと種を撒いて間引きもなにもしていない状態) かなり扱いにくい。


貧弱なコは少し間引いておきましょうね。



↓そして、こちらはチンゲンサイ

image


ちょっと期限の切れた種でしたが、無事発芽してくれました。

ちょこんと出てくる芽は、何度見ても可愛らしいですね。


もう少ししたら厳選して間引きをして1ポットに1本にして、空いている鉢に定植して育てる予定。


これからの時期は段々と庭に日が当たらなくなっていくので、動かせる鉢を上手く活用していかないとね。



↓ちなみに 今現在の畑の様子はこんなです。

image

少し土を足して…から、放ったらかし(笑)



1畝はスナックエンドウを植える予定ですが 他はどうしようかな?



そして久々に覗いた畑③

まだミョウガって採れるんですね。
でも、今年はこれで最後かな?


image




↓冷や奴とお蕎麦で美味しく完食しました!

ブログランキング・にほんブログ村へ   





活動を再開した家庭菜園は相変わらずセンスがない

いや〜、お久しぶりです。


気分が落ち込むことが多く、ブログに向き合えない日々…


何なんでしょうね、コロナ鬱とでも言うんでしょうか。


な〜んて言っても状況が好転するワケではないので、1日1日 出来ることをやっていくしかないですよね。


家庭菜園も少しばかりお休みしていましたが、ぼちぼち動き始めております。


春までお休みしようかと思ったんですが、やっぱり何かしら育てたい気持ちが抑えきれなかった。



先日、購入した苗達。

image


● イチゴ(セリーヌ)

● わけぎ

● サラダミックス


↓こんな感じにプランターに。

image


庭を見た時にバランス良く設置したいとこですが、だんだんと日が当たる場所が減ってきています。


image


ポタジェガーデンに憧れた時もあったけど、今はもうそんな事は言ってられません。


いかに育つか・楽をするか…これに尽きます。



イチゴにはネットを。

image


以前育てていた白イチゴから苗を作ろうと思っていたら、全てコガネムシにやられてしまったので、今度こそは守り抜きたい!



イチゴの前にはアーモンド

image


一時期、枝が樹液のようなものに覆われ 葉もボロボロになり「もうダメなのか?」と思ったです。


かなり思い切って剪定したところ…


見てください!!

image


あちこちからヒョコヒョコと芽が出てきました。


この調子なら来年の春、綺麗な花が咲いてくれるんではないでしょうか。


今年は3つしか咲きませんでしたが、来年は枝いっぱいに…花が咲くといいな〜



そして、先月 イチジクの根を丸裸にしましたね。




かなり荒っぽいやり方でしたが、枯れることなく元気にしております。


特にヌアール ド カロンの方は、新芽がワシャワシャと出てくるほど元気です。

冬には葉が全て落ちるはずなんですが、こんな時期に出てきちゃって大丈夫なんでしょうかね?


まぁ元気なら良しとしましょう。


二度とコガネムシの安住の地にならぬよう ネットをかけてあります。


image


ここでも洗濯バサミが活躍してますね。


あまりのカッコ悪さに 少しでも見た目を良くしようと麻紐でネットを留めようと試みたんです。


でも、ネットが小さくて(あまり考えずに適当に切った) 上手く留められず…


で、結局 洗濯バサミになりました。


インスタグラムなどで見る家庭菜園やベランダ菜園って、ほんとお洒落なんですよ。


私が思い描いている家庭菜園もポタジェガーデンのようにお洒落なはずなんですが、現実はこんなもんです。


お洒落な洗濯バサミを使えば もっと違うのかな?




↓根本的にセンスがないとどうにもならないんだよね、きっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ   






スポンサーリンク