家庭菜園と暮らしと わたし

40代主婦が、住宅街にある自宅庭の芝生を剥がして作った2坪ほどの畑での家庭菜園のブログ

キュウリの支柱の高さが足りない2021・鉢植えトマトの復活


スナップエンドウで使っていたネット。


再度 使うので 絡まったままになっているツルを取り除きます。

(1.5m × 0.8mを3枚)


ツルが柔らかいうちに取り除いた方が良いのは分かっていながら、毎回放置してツルが乾燥して固くなってから作業するもんだから 取りづらいんですよ…


FullSizeRender


このまま使っちゃおかな〜
と思うこともあるけど、やっぱり気持ち良く使いたいものね。


ツルが絡まり過ぎて取り除きが大変そうだったり、ネット自体が絡まって取れない場合は処分してしまうこともありますが、基本的には使い回し。


いつもなら面倒に思う作業ですが 只今、

メンタルズタボロ&仕事の壁に大激突中

…なもので、この地味だけど単純作業を黙々とこなすのは なかなか良かったです。


まぁ これでメンタルが復活したり仕事の壁を越えられるワケではないんだけど、結構ぐちゃぐちゃと悩み引きずるタイプなので、一時でも無になれる時間はありがたいです。


ツルを取り終わったネットの1枚は、キュウリで使います。


今年もやってきました この時期が!

もう毎年恒例、親ヅルが支柱のてっぺんまできたけど、キュウリの支柱の高さが足りないシリーズ(笑)

IMG_5033


親ヅルが2mほど伸びたら成長点を切り落とす

…のですが、我が家の支柱は140〜145cmほどしかないので 切り落とすにはちょっと早い。


でも 支柱の高さが足りないので上へは伸ばせないので、反対側にもネットを張って そちらに誘引してしばらくは横に伸びてもらう作戦。


一昨年も…



去年も同じ方法でやっております


今年も同じ手でいきますよ!


親ヅルの先端をグイっと反対側のネットの方へ誘引。

FullSizeRender


この時、あんまり無理すると大事な親ヅルがポキっと折れてしまう可能性があるので 注意が必要です。


ツルが伸びてネットにしがみついて上手く誘引できない場合は、優しくツルを解いて動かしたい場所に巻き直したりもします。

(無理に解いてツルがダメになってしまうこともありますが、すぐ次のツルが絡まるので あんまり問題ない…と私は思っている)



もう少し 親ヅルには頑張ってもらいましょうかね。



鉢植えのトマト(らくらくミニトマ)は、鉢が小さかったせいか育ちが悪かったんです。

なので、畑①の片隅に少し鉢を埋めて置いたら 下から根が畑の土の方まで伸びたようで 復活してきました。

FullSizeRender

色付いてきたけど、葉がかなり青臭い…。

トマトははたして美味しいんだろうか?


そして、こちらはイエローアイコ  

IMG_5039


こちらも色付いてきました!

イエローアイコも大好きな品種です。


緑の葉に赤や黄色、見てるだけでもワクワクしてきますね〜



↓今年もトマトでピザを…あっ!バジルを植えなければ!

ブログランキング・にほんブログ村へ   




トマト初収穫・土作りのやり方を変えてみる


先日、畑①-畝①の植え付け準備を行いました。


↓って、もう畝立て・黒マルチ済みの画像!

IMG_5001


スナップエンドウの跡地で、撤収した時にかなり耕してありますが、再度 耕して残った根を取り除き コガネムシの幼虫を念入りに探します。


そして、今回は↓こちらの堆肥を使いました。

FullSizeRender


堆肥・石灰・元肥が1つになっていて、作業が1度で済むという優れもの!

お値段も堆肥だけのものより少しアップする程度。

あれこれ買わなくてよい分 使いやすいそうなので、今回はこれを導入いたしました。


広〜い畑で何袋も使うとなると割高になるかもしれませんが、我が家は小さな畑なので プランターなども含めると1シーズンで1袋半ほどあれば十分です。

(畑①のみであれば1シーズン1袋)

秋冬もシッカリやるとしても1年で3袋あれば足りてしまうので、良さそうなら次からもコレを使っていこうと思ってます。


今までは↓こちらを愛用していました。

IMG_2922


この再生材で充分だと思っていたのですが、コレ+肥料を混ぜ込むのが正解だったみたい。


土作りの時は ずっと再生材のみで、何となく土が痩せてきたな〜と思うと培養土を足してました。


それでも土が痩せていくし、なんとなく初めての年に比べて野菜の出来が落ちている感じがしてたんですよ。

多分、ずっとほぼ再生材のみだったので栄養分が枯渇してきたのかな?
プランターのみだったらいいのかもしれないけど、畑にも使うとなると、ちょっと割高なのも気になるところ。


…ということで、今回から便利そうな堆肥を使ってみることにしたワケです。


良い感じになるのを期待しております!


ちなみに、今トマト・キュウリ・オクラが植っている畝②と畝③は、最近材も使っておらず 培養土を足してあるのみです。


↓こちらのデッカいプランターにも堆肥を混ぜておきます。
害虫防止の為に一応ネットも。

IMG_5002


注文していた苗も届いたので、土を少し置いたら植え付けるとしましょうかね。

FullSizeRender

注文したのは、

● スイカ(赤こだま)

● ナス(トゲなし千両2号)

● ナス(泉州水ナス)

● トマト(ぷちぷよ)

● トウガラシ
(オマケで貰った)


植えるのが楽しみです!


そして収穫。

曲がっちゃってますが、今お高くなって貴重なキュウリ

FullSizeRender

ブルーベリー(品種は混ざってます)と、トマト(フルティカ)初収穫!

FullSizeRender


やっぱり、赤色が入ると華やかですね〜


トマトが大好きで、その中でも1番好きな品種のフルティカの収穫は待ち望んでおりました!


食べてみましたが、今年も甘くてジューシーで最高に美味しい出来でした!!!



↓今年も夏野菜が沢山楽しめるといいな〜
ブログランキング・にほんブログ村へ   



キュウリ・ブルーベリー初収穫!…の裏で心配事も膨らむ


キュウリ初収穫です!


FullSizeRender


かなり下の方にできて地面に着いちゃってたり、ちょっと未熟だったりで形は歪。

早速 浅漬けにしたりサラダに入れたりしましたが、瑞々しく味もしっかりキュウリで美味しかったです。


今、お店ではキュウリも値段が高くなっているので このまま順調に収穫できると嬉しいですね。



ブルーベリーも初収穫!


3品種とも大粒の部類に入るのですが、オニールが1番大きいです。

FullSizeRender


全部がオニールくらいの大きさだと食べ応えがありそうだな。

大きさは違えど 採れたて完熟のブルーベリーは、ものすご〜く美味しい!!!



ブルーベリーは畑②に植っているのですが、スペース的にオニールミスティの2本の予定でした。


だがしかし、予定外にガルフコーストを購入。


植えてあった2本がまだ小さかったし 今のところはスペースに余裕があるということで、鳥害ネットもあることだし、とりあえずのつもりで 畑②で鉢植えのまま育てることにしたんです。


↓こんな感じに真ん中にガルフコースト
(こちらは以前の画像です)

IMG_4865


風で倒れないように半分だけ土に埋めて…


IMG_4864


でも、グングンと育って たぶん鉢植えの底から根が広がってるっぽいんですよ。


大きくなることを想定すると、小さな畑②に3本は多い…必ず このガルフコーストは植え替えしなければならない。


植え替え時に根を痛めてダメにしてしまうのでは…


今更ながら、別にネットを付けてでも 初めから大きな鉢植えにしておけば良かったと後悔しております。


今は成長期なので手を出せないけど、冬になって葉が落ち切った時に植え替えをしてみようかと思うけど、今から心配だ…



そして、トマトの現在。

↓こちらはイエローアイコ

IMG_4994


↓そしてフルティカ 色付いてきました!

IMG_4995



大好きなトマト達ですが、今年は1畝に4苗(今までは1畝には3苗)は やはり多かったかな。


ちょっと窮屈で、何となく実が少ないように感じてます。


少なくても、大好きなトマトは どうか美味しくできてますように!



↓鉢植えのトマトは瀕死状態…今度 画像アップするね
ブログランキング・にほんブログ村へ   

 


スポンサーリンク